リアップ女性用の効果効能について調べました!

リアップ女性用の効果効能についてはこちらになります。

 

こちらは大正製薬HPからの引用になります。

 

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防

 

壮年性脱毛とは・・・
男性だけでなく女性にも見られる一般的に遺伝性の薄毛または抜け毛で、ゆっくりと何年もかかって進行し、目立つようになるものです。
女性の場合、男性に比べると脱毛は軽度であり、広範なものは少ない傾向にあります。
前頭部から頭頂部にかけて毛髪が減少し、分け目が目立つようになったり、地肌が透けて見えるようになったりします。

 

脱毛の進行予防とは・・・
既に始まってしまった脱毛に対し、その進行を防ぎ、現状を維持する効果です。

 

壮年性脱毛症というものに対してリアップは効果を発揮してくれることが分かりました。

 

男性用のリアップX5も効果効能的には女性用と同じ表記になっていました。決定的な違いとしては「ミノキシジル」の含有量がリアップリジェンヌ1.0g、リアップX5.0gというところでしょうか。

 

このミノキシジルの違いを見て貰えれば分かりますが女性はミノキシジルに対しての反応が強くでてしまいます。ですから決して男性用リアップを使ったりしないでください。

 

色々な症状となって副作用としてあなたの体に現れてきてしまいます。

 

リアップ女性用の第一類医薬品って何?

第一類に指定されている医薬品ですが、薬剤師による指導などが必要とされているものを言うそうです。

 

第一類から第三類まであるのですが、第一類が最も厳しい設定をされています。ですから、リアップ女性用は実際には誰でも簡単に購入できる代物ではないということになりますね。

 

なぜ第一類に分類されているのかというと、簡単に言ってしまうと「副作用」の危険性が強いからと言えます。もちろん、医薬品として設定されているので効果自体は信用できると言えます。

 

ですが、その裏には副作用というものが存在することを知っておく必要があるということになりますね。

 

私自身が医薬品の育毛剤をなぜ使わなかったかというと副作用が怖かったからです。副作用といっても様々な症状がありますので一概にこれだということは出来ません。

 

もちろん身体的に出る副作用も怖かったのですが、一番は「初期脱毛」と呼ばれている副作用です。この初期脱毛とはミノキシジルを使用した時に出ると言われている症状です。

 

例えば、リアップリジェンヌを使用し始めてから脱毛が一時的に多くなってしまう可能性があるということになります。

 

これって怖くないですか?いまよりも最も脱毛が増えてしまうのかと考えただけでも嫌になってしまいますよね。もちろん、初期脱毛を経験することなく医薬品としてのパワーを使うことが出来ることもあります。

 

ですけど、私はこの初期脱毛が怖くてリアップリジェンヌを使うことを止めました。だって、リアップリジェンヌにはミノキシジルが含まれて居るんですからね。

 

女性用育毛剤を使う人が増えて来ている理由とは?

最近、女性用育毛剤を使う人が増えて来ているというのをご存知でしょうか?今までは育毛剤というとおじさんが使うものだとか、ださいとかいうイメージが先行していたと思います。私自身もそうでした^^

 

でも、最近では女性こそ育毛剤を使うべきである時代になってきたのです。これは決して嬉しいことではありません。薄毛やハゲに悩む女性が増えてきているからなんです。

 

なぜだかは分かりませんが、一般的に女性用の育毛剤が安いんですよね♪これは使う側としてはとても嬉しいです。男性用育毛剤ってすごく高いんですよねー1本1万円なんてザラですから(汗)

 

また、女性用育毛剤の種類も一昔前に比べてかなり増えてきています。もちろん、売れているからこそのことではあります。

 

育毛剤は6ヶ月間が使用してみることが大切。

育毛剤は6ヶ月間が使用してみることがひとつの目安になります。これは発毛サイクルが関係していると言われています。

 

そもそも発毛サイクルが乱れてしまったことによって脱毛が増えてしまったり、育毛がスムーズに行われなくなったりしたからです。そしてこの発毛サイクルを正常に戻すことが必要になるのですがこれに6ヶ月かかると言われているからなんです。

 

そのためにも育毛剤は6ヶ月間使っていきましょう。これは医薬品でも医薬部外品でも同じことです。

 

医薬品だからと言って1ヶ月で良いということではないということです。そして医薬部外品だからと言って1年掛かってしまうということでもないということにもなります。

 

だったら、よく考えると副作用の少ない医薬部外品を使ったほうが良い気がしたりもしますね。

 

トップへ戻る